ワーキングホリデーの保険?

医療保険だけはせめてかけておくべき?

 パスポート、ワーキングホリデービザに次いで、ワーキングホリデーの準備で重要なのが海外旅行保険への加入です。先程も説明しましたが、特に海外等では医療にかかる費等が莫大に高いということもあるということや、なにかを盗まれたり、なにかを壊されたりした際に必ずしもどうにかなるわけではありません。ですので、ワーキングホリデーで海外へ渡航するケース、言葉・生活習慣や医療事情等の異なる国に長期滞在しますのであらかじめ様々なトラブルに対しての準備が必須です。海外旅行保険は海外への旅行・滞在中に発生するケガや疾病等の事故をカバーする海外旅行専用の保険で、留学やワーキングホリデーで加入すべき保険は海外旅行保険となってます。

医療保障

 一般的に海外では日本より医療費が巨額なため万一、現地で病気や怪我を負ってしまい病院に掛かると予想より上に巨額な医療費を請求されるケースがあります。それ以前に支払いが可能か証明ができないと治療を受けさせてもらえない病院もありますので、海外旅行保険への加入は必須となるでしょう。

賠償・損害補填

保険に入るのは怪我や病気のみのためではありません。現地で生活をしていると様々なトラブルに遭遇する確率があります。

不慮の事故等で他人にケガをさせたり、他人のものを壊してしまったケースに発生する賠償責任や滞在先で自分の所有物が壊されたり、盗まれた時の携行品損害も海外旅行保険に入ってていれば補填してもらえるので安心です。

サポート

 そして海外旅行保険に入ることで手に入れられる最もでっかい利点は現地でトラブルが起こったときにサポートが受けられるということです。盗難や事故といったようなトラブルに遭遇した時、日本とは勝手の違う海外でどのように行動したらいいのかわかりますか? また、現地の言葉でトラブルに対処するのみの語学力がありますか? そういった不安要素も海外旅行保険に入ることで手に入れられるサポートによって解消されることでしょう。

国内の保険の適用限界

現在、医療保険や入院保険に入ってているから新規の保険は必須ない、とお考えの方もいるかもしれませんが、通常の保険ですと、補填の適用が国内の病院で治療を受けたケースや国内でのトラブルのみに限定されていることが多く注意が必要不可欠です。現在入ってている保険が留学・ワーキングホリデーの際にも補填の対象となるのかを確認し、もし補填が受けられないようなら新たに海外旅行保険に入ってましょう。

海外旅行保険は保険企業によって補填詳細は様々

 また、同じ保険企業の海外旅行保険であったとしても、渡航スタイルに応じた殆どの保険プランがあって、詳細・補填限度額等保険プランによって異なります。数多くある保険プランやオプションの特約をどのように組み合わせるかは予算や現地での滞在スタイルや行動に応じて決める必要があります。

滞在期間

 保険企業によっては保険プランに海外旅行保険以外にも留学・ワーキングホリデーによる渡航の補填に特化した留学・ワーキングホリデー保険が用意されているところもあります。留学・ワーキングホリデー保険では渡航先での通学やスポーツ等の様々なアクティビティへの取り組みを前提とした長期滞在を補填する補填詳細となっているケースが多くて、留学・ワーキングホリデーによる渡航に適した保険となっています。その為、通常の海外旅行保険に同様の補填詳細をプラスしたものなんかよりもお得になっているのですが、それゆえに加入条件が限定されているケースがあります。

保険企業によって条件は様々ですが、基本的には3ヶ月未満等の短期の滞在には留学・ワーキングホリデー保険は対象外となっています。したがって、まずはご自身の滞在時間を決定した上で保険を選び、その保険に加入可能かどうかを検討する必要があります。

居住スタイル

 ワーキングホリデーでの滞在では大きく分けて2つの居住スタイルがあります。1つはホームステイで、現地で留学生等の受け入れを行っているホストファミリーの家に、滞在させてもらうスタイルです。そして、もう1つのスタイルは現地のアパート・借家等の賃貸物件に住むスタイルで、他の人と部屋を共有するルームシェアもこれに当たります。後者の居住スタイルのケース、借りているアパート等に火事等の損害を与えてしまった時の賠償責任に対応した補填がある保険を選んだほうがいいでしょう。 通常の賠償責任補填ではアパートの部屋や部屋内の動産に与えた損害が補填されないケースがありますので、それらが補填の対象となっているか注意が必要不可欠です。

巨額な携行品の有無

 ワーキングホリデーで渡航の際にPC等の巨額な携行品を所持して行くケースは必須に応じて携行品損害の補填がある保険を選んだ方がいいでしょう。海外では日本なんかよりも窃盗等の被害が多いのが現状で、観光客狙いの犯罪等も多くあります。

携行品損害の補填はアパート等の生活躍産の補填に含まれる保険と、生活躍産の補填には含まれずに別途携行品のみで補填が設けられている保険があります。携行品損害の補填も付けたいのであれば

保険の補填詳細を良く確認し、対象外ならオプション等で付加しましょう。

詐欺に注意しよう

 最近ではこのワーキングホリデー用の保険を語った詐欺等も横行しているため、これらの保険を選ぶときは信頼できる場所で選ぶか、実際にワーキングホリデーを利用した人等がいればどれにしたのかを聞いてみるといいでしょう。特にワーキングホリデーに関する情報を比較的たくさん配信してくれている公式サイト等で、調べてみるというのも一つの手かもしれませんね。

 もし、いたずらにお金を振り込めと言われたケースは入念に注意しましょう。