ワーキングホリデーのメリット

一番のメリットは自由に労働できる事

 さてそんなワーキングホリデービザですが、一番のメリットはなんといっても海外で労働が出来るという事と、様々な事が同時に出来るという事になるかと思います。これはどういう意味かと言うと、これまで海外で長期滞在する手段としては、まずなんといっても留学という選択肢がメジャーであり、ホームステイなどといった物もありながらも、ほとんどの日本人がこの留学を海外に行く選択肢としてあげていました。しかし、この留学という選択肢ですと、学生時代しか利用する事が出来ない上に、学ぶことと、遊ぶことしか出来ず、文化の異なる地で働くという、通常では全く知ることの出来ないその国ならではの風習や、習慣、そして労働環境といったものを多角的な視野から学ぶことが出来るわけではないのです。

 人によっては、「留学生でもアルバイト位なら出来るんじゃない?」と思われたかもしれませんが、確かにそれはそうです。しかし、これらの留学ビザの場合、あくまでも学習の為に発行されたビザになってしまうので、もしも飲食店などでアルバイトをしたりすると、「資格外活動」として不法就労者として逮捕されてしまう可能性もあるのです。

就労に厳しい留学ビザ

 この留学ビザに関する法律は国によってまちまちですが、日本の場合は、飲食店、事務職、英会話講師、工場、といったあらゆるアルバイトと就労に関して、資格外活動として明示されています。もしも留学ビザで無認可のままこれらのことを行うと、不法就労ということで、逮捕されてしまいます。基本的には留学ビザでバイトなどをしたい場合に関しては資格外活動の申請を予め行っておく必要があるという訳です。

 企業によってはアルバイトくらいであれば大丈夫だろうということで、確認を怠っていたり、そもそも留学生が原則として就労出来ないという事を知らない人もかなり日本では多いため、気づかないうちに違法就労をさせているということもありえるわけです。

 勿論、資格外活動許可証を事前に収得していた場合は、アルバイト許可を事前にとれているということになりますが、その場合も就労時間は週に28時間までと制約されています。つまり一週間まるまる働きたくても一日4時間までとなり、少しでもその時間を過ぎてしまった場合には違法就労扱いでしょっぴかれます。週4日で7時間働ければ十分だという人もいますが、仮に物価の高い国だったりすると、いざというときにお金が足りなくなったけれど、働けないという自体も起こり得ますし、留学を目的にしているという前提に立つものになっているので、資格外活動に関しては、かなり厳しい基準となっているのです。

ワーキングホリデーなら制限はほぼなし

 ワーキングホリデービザであれば、この部分の制限の殆どは回避できるようになります。ただし、勿論ながら風俗営業を行う店舗への就労は留学、ワーキングホリデーともに不可となっています。(バー、キャバクラ、パチンコ、麻雀店、ゲームセンター、などその国で指定されているもの) 特にオーストラリアなどといった物価の高い国の場合は、一ヶ月の生活費が6万円から9万円程度と非常に高くなっており、一年程度真面目に留学したいと考えた場合は200万~400万はなんだかんだでかかってしまうかと思います。学費を含めたらもっと高額になるかもしれません。

 ただ、ワーキングホリデーの場合は、最低50万円~100万円の生活保証金さえ用意しておけば、それを実際に使うことがほぼ無く、向こうで働いて得た資金で生活していたとしても全く問題が無いという事になるのです。

勿論万が一に備えて資金は用意する必要がある

 さて、そんなワーキングホリデーですが、勿論、滞在する前に一定の資金を用意する必要があります。一方法定では50万程度であることが多いですが、最低でも100万~200万程度は用意しておいた方が良いかと思われます。なぜなら、もしも向こうで折角やりたいことを見つけて、やる気になっていたところに、思いの外特別な出費があって、お金が足りず止むに止まれず帰国しなくてはいけないという自体を防ぐためにです。特に、金銭的理由で戻らざるを得ないといった状況に落ちいると、非常に後悔の念がつのるということにつながりますので、渡航の前の準備資金は用意する必要があります。法定額が50万だったとしても、馬鹿正直に50万持って行くといざというときに困ったりしますので、実際にはどの程度持っていく必要があるのか、調べるか、担当窓口から相談してみるのがよいでしょう。